ページ内を移動するためのリンクです。

寺院案内 temple guide

大岩山日石寺は、立山連峰の裾野にあり、「大岩のお不動さん」と呼び親しまれています。不動明王を本尊とし、その境内には、国指定史跡大岩日石寺石仏、重用文化財大岩日石寺磨崖仏をはじめ、三重の塔、山門、六本滝など数々の寺院や名所があります。

右の図は各寺院や名所の位置図です。
クリックで各説明をご覧頂けます。
写真をクリックでもご覧頂けます。

寺院マップ 隠れスポット千巌渓 夫婦岩 三重の塔 金比羅 大日堂 藤水 地蔵堂 六本滝 愛染堂 八体仏 十二支滝 観音堂 阿覚窟 山門 信徒会館 百段坂
不動明王像の写真(大)
不動明王像の写真

◆不動明王像(本堂)

この石仏は、真言密宗の総本山日石寺の本尊として全国の信者の帰依を集めています。中央に不動明王座像、左右に制咤迦(せいたか)童子立像、矜羯羅(こんがら)童子立像、阿弥陀如来座像、行基菩薩座像が凝灰岩の巨岩に半肉彫りで彫り出されており、中部地方における最高傑作として高い評価を得ています。作は藤原時代(平安時代中頃)と考えられますが、行基菩薩座像はややおくれて彫りだされたものと思われます。不動明王座像は右手に力を現わす剣、左手に智を現わす羂索(けんさく)を持つ迫力ある芸術です。室町時代、上杉勢の兵火に、昭和42年に火事にあいましたが、ほとんど損傷をうけることなく今日まで残っています。

◆三重の塔

三重の塔の写真

県で最も歴史ある唯一の木造三重の塔です。柱は丸柱で、初重に四天柱と呼ばれる柱、中央に心柱があります。江戸時代後半の作ですが、工作技法に古い点が見られます。
特色としては、まわりに壁がなく中が丸見えです。これは、建造時に財政難に陥り壁を省略したもののようです。
現在は、近世の社寺建築の工法を知る上で貴重な資料となっています。

◆六本滝

六本滝の写真

六大(地、水、火、風、空、識)を型どった6つの蛇口から流れる滝に打たれることにより、六欲煩悩を洗い落とすことができます。
六本滝は心身を清めて不動尊を参拝するために造られ滝です。

◆山門

山門の写真

上市町指定文化財に指定されている楼門。

◆藤水

藤水の写真

不動明王の厳石を廻り出る御霊水は、眼病平癒に霊験あり、諸人の願いに御利益があるとされています。また、富山の名水にも選ばれている「大岩山日石寺の藤水」として知られ、人気を集めています。科学的にも硼酸分が含まれていることが証明されています。
昔から、大岩の不動さんは目の病気に効くといわれ、眼病が治った話は数多く伝えられています。加賀藩には名医が多いが眼科医がいないと言われるのは、大岩の不動さんが目を治してくださるので目のお医者さんがいらないということを言い表しているように思われます。
この御霊水をくみ取る時には不動尊の御進言、

なうまくさんまんだ、ばざらだん。
せんだまかろしゃだ。そはたや。
うんたらた。かんまん。

を唱え、大聖不動明王の大慈悲を蒙りましょう。

◆夫婦岩(めおといわ)

夫婦岩の写真

上層部が二つに分かれている大岩を仲むつまじく夫婦が寄り添うように見えることから「夫婦岩(めおといわ)」と呼ばれ、「夫婦円満、家内安全、縁結び」の象徴、神が宿る場所として祭られています。
他には「妹背岩」「点空石」「炉壇石」など、数多くの岩石が自然に配置されております。

◆大日堂

大日堂の写真

昭和50年建立。
法隆寺夢殿、興福寺北円堂と同型式の八角堂。
大日如来は当山本尊不動明王の親佛であって、天地の恵みをすべての人に平等に与えられるとされています。

◆地蔵堂

地蔵堂の写真

寛永年間に廻船間屋が奉納した、高さ約10尺の木造延命地蔵菩薩が安置されています。

◆愛染堂

愛染堂の写真

平成17年建立。
愛染明王の他、加賀前田家の不動明王、秘石誕生石等が安置されています。

◆十二支滝

十二支滝の写真

昭和46年の建設で、「12支えと」にちなみ、龍頭の頭上には12支の本尊が安置されています。

◆観音堂

観音堂の写真

昭和42年の火災により焼失し、新たに平成8年建立。
外観は中尊寺金色堂と同じ和様三間堂。

如意輪・聖観世音菩薩
人人のお経の声に応じて姿を現し、その悩みを救うという慈悲深い菩薩。

◆阿覚窟

阿覚窟の写真

明治30年、一覚和尚により造立される。中には厄除大師(弘法大師)が御安置されています。

◆金比羅

金比羅の写真

文政5年(江戸中期)大岩山全国信徒の家運繁栄と寺門興隆の為、遠く讃岐金比羅宮より当山第11世如龍和正(文化7年〜天保3年)が御神体礼をお受けになられたのが草創です。
金比羅様は薬師12神將の一つとして人生の航海の安全、財宝商売繁昌、海の安全の神として尊崇されています。

◆八体仏

八体仏の写真

◆信徒会館

信徒会館

◆百段坂

百段坂

隠れスポット

千巖渓の写真千巖渓の写真

千巖渓(せんがんけい)

六本滝を横に130メートル下ると千巖渓(百滝渓)と呼ばれる渓谷があります。そこには双岩抱き合う妹背岩、外に点空石、炉壇石、鯉梯石、蝦口石等風味溢れる数多くの岩石が自然に配置され、それを縫って清水が流れています。そして至る所に瀧を作り、白雲の崩れる如く、白竜の躍る如く飛沫を上げています。
秋は紅葉の名勝に、春は新緑萌えいづる渓谷の美をほしいままにし、梵鐘の音色と和して、六根清浄の和讃にとけ込んでいます。
千巖渓は全山不動信仰、仏緑の聖地となっています。